Web ToolBox

JSONリント・整形

入力されたJSONテキストが正しいJSON構文かどうかチェックし、フォーマットします。

インデント
インデントスペース
👉 入力エリア
👏 出力エリア

JSONリント・整形とは?

入力されたJSONテキストが正しいJSON構文かどうかチェックし、フォーマットするJSON整形ツールです。
JSONの構文に問題がある場合はエラー原因を問題がある箇所とともに表示します。
また、フォーマットではインデントに使用する文字(スペース・タブ)やインデントスペース数を指定可能です。

JSONリント・整形の使い方

入力エリアへJSON文字列を入力した直後からリアルタイムでフォーマットします。フォーマットに成功した場合は出力エリアへ出力されます。

フォーマットオプションを指定することも可能です。

JSONフォーマットオプションについて

インデント

『インデント』でインデントに使用する文字をスペース・タブ・なしから指定できます。なしを選択した場合はインデント/改行/空白を除去します。
デフォルトはスペースによるインデントです。

インデントスペース

『インデント』でスペースを選択した場合、『インデントスペース』でインデントスペースの数を指定できます。
デフォルトはスペース2つでインデントします。

JSON(JavaScript Object Notation)について

JSON構文についての一部を簡単に記載します。

  • 文字列はダブルクォーテーション""で囲む(シングルクォーテーションは不可)
  • 全体を{}または[]で囲む
  • Key:Valueでひとつのデータとし、Key:Valueはコロン:で区切る
  • データはカンマ,で区切る(末尾データのカンマは不要)

より詳しい情報はJSON データの操作や、JSONなどのページをご覧ください。